ドイツの保健相、新型肺炎を「パンデミック」と判断

ドイツのシュパーン保健相は3月4日連邦議会(下院)で、「新型肺炎流行はパンデミックになった」との判断を示し、事態を非常に重く受け止めていると述べた。保健省に付属するロベルト・コッホ研究所によると、ドイ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。