仏会計検査院、原子力発電施設解体コストに関する報告書を発表

仏会計検査院は3月4日、国内の原子力発電施設の解体コストに関する報告書を発表した。この報告書は、上院財務委員会の求めに応じて作成されたもの。会計検査院はこの中で、EDF、オラノ、CEA(仏原子力庁)が...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。