会計検査院、偽造品対策の強化を勧告

仏会計検査院は3月3日、偽造品に関する報告書を下院に提出した。偽造品により、仏国内では4万人の雇用が失われ、年間20億-100億ユーロの税収欠損が生じているとの試算を示し、国際・欧州レベルでより積極的...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。