年金改革法案の下院審議:政府は強制採択の発動を決定

政府は2月29日に開いた臨時閣議の際に、年金改革法案の下院審議において、採決をせずに採択することを可能にする憲法第49-3条の規定を発動することを決めた。野党による修正案の乱発により、審議が予定より大...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。