仏ユーロディフ・ウラン濃縮工場に解体許可

仏原子力大手オラノは2月17日、仏トリカスタン(ドローム県)にあるユーロディフ・ウラン濃縮工場(ジョルジュ・ベスI)に関して解体許可が付与されたと発表した。解体許可はデクレ(政令)の形で官報にて公示さ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。