エルメス、口紅発売で化粧品部門へ参入

仏高級ブランドのエルメスは3月4日から、欧州、米国、日本などの世界35カ国で口紅を発売すると発表した。この後、2021年から中国での発売を予定。エルメスは1951年に香水を発売したが、メーキャップ化粧品は取り扱っていなかった。化粧品事業をすでに展開するディオールやシャネルに比べて1本62ユーロというほぼ2倍の価格を設定している。社内の各部門のデザイナーが開発に関与、製造はフランスとイタリアの下請け3社が請け負う。口紅のカラーは24色、詰め替えが可能で、オレンジ色の包装箱はリサイクル原料を再利用する。口紅に続き、9月からはメーキャップ化粧品、その後に基礎化粧品の発売を計画する。