仏炭素課税、製造業の二酸化炭素排出量削減に効果(OECD研究)

投稿日: カテゴリー: エネルギー・環境レポート

経済協力開発機構(OECD)の研究によると、フランスが導入している炭素課税(二酸化炭素排出量1トンあたり45ユーロ)により、製造業部門において、炭素課税を導入しなかった場合と比較して、2018年にCO...

続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。