仏健保公庫、サノフィからの損害賠償を得られず

1月31日付のレゼコー紙は、仏製薬大手サノフィの抗血小板剤「プラビックス」に関する係争で、仏健保公庫(CNAM)が損害賠償金を得られなかったと報じた。パリ商事裁判所が去る10月に下した判決について報じ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。