ダルキア、仏国内で木材を燃料とした新型ボイラーを建設

1月28日付の仏レゼコー紙は、エネルギーサービス大手ダルキア(EDF傘下)が仏ルーアン市の北東郊外に建設中の木材を燃料とした新型ボイラーを紹介した。このボイラーは容量17MWで、生産された熱は都市暖房...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。