アホウドリで違法漁労を検出、仏研究チームが成果

野生のアホウドリを利用して、南インド洋の違法漁労の現状の把握を試みた研究結果がこのほど公表された。CNRS(仏国立科学研究センター)とラロシェル大学が共同で行った研究が米専門誌PNASに1月27日付で...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。