テスラの欧州工場予定地に大戦時の不発弾

米EV大手テスラが欧州初の工場の建設を予定している独グリューンハイデ(ベルリン東郊)の用地で、第二次世界大戦中に米軍が投下したとみられる7発の不発弾が発見された。ブランデンブルク州当局によると、不発弾...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。