コロナウイルス:仏国内でも3人の感染が確認

中国で発生した新型ウイルスによる肺炎で、仏政府は24日、国内で3人の感染者が確認されたと発表した。欧州で新型ウイルスの感染患者が確認されたのはこれが初めて。いずれも中国系のフランス人で、最近に武漢に滞在していた。3人はいずれも入院し、経過は良好であるという。
一人目は48才の男性で、22日に中国からボルドー地方に帰国。23日に医師の診察を受けて入院した。検査の結果、新型コロナウイルスの感染が確認され、ボルドー大学病院に隔離される形で入院した。あとの二人は、中国系フランス人の夫妻で、25日に救命ダイヤル(15)に自ら連絡。パリ市内の指定病院に収容され、検査の結果、感染が確認された。当局は、3人が国内で接触した人々や訪れた場所を割り出し、二次感染を防止するための措置を講じたと説明している。
仏当局は、パリのロワッシー・シャルルドゴール空港に医療班を常駐させて、水際の対策を強化する体制を敷いた。中国からの帰国・入国者には、健康状態に異変があった場合の対応を徹底する目的で、居住先・滞在先の申告を求めると共に、留意点を記した文書を配布している。当局はまた、新型ウイルスの死亡率が過去のSARSウイルスと比べて低いことなどを挙げつつ、過剰な恐怖心を持たないよう呼びかけている。