火力発電所の閉鎖、地方経済の行方

仏では2022年までに国内の石炭火力発電所を閉鎖する目標に沿って、ルアーブル(セーヌマリティム県)、コルドメ(ロワールアトランティック県)、サンタボルド(モゼル県)、ガルダンヌ(ブーシュデュローヌ県)...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。