仏国民のモバイル支出、ネットフリックスがトップ

調査会社App Annieによると、2019年に仏で最も収入が大きかったアプリは、ネットフリックス、Deezer(音楽ストリーミング配信)、Tinder(出会い系アプリ)だった。次いで、Adopt a guy(女性向け出会い系アプリ)、YouTube、Badoo(出会い系アプリ)、Mycanal(仏ペイテレビのカナルプリュスのアプリ)、Lovoo(出会い系アプリ)、一方、ゲームアプリでは、Clash of Clans、ドラゴンボールZ:ドッカンバトルとBrawl Starsが最も成功を収めた。
仏で最もユーザー数が多いアプリとしては、Whatsapp、フェイスブック、フェイスブック・メッセンジャー、インスタグラム、スナップチャット、Wazeの順となった。