独送電企業、再生可能発電の容量大幅引き上げの必要性を指摘

ドイツの送電網を運営する4社(50Hertz、アンプリオン、TenneT、TransnetBW)は、2035年までの送電容量の需要に関する予測の中で、再生可能エネルギー由来の発電容量を2035年までに...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。