仏サンタボルド火力発電所、石炭焚きユニット閉鎖後の経済振興策に関するプロジェクトが策定

仏政府は1月16日、サンタボルド火力発電所(モゼル県)における石炭焚きユニット閉鎖後の経済振興策に関するプロジェクトに署名した。プロジェクトは政府のほか、モゼル県、地元自治体などが署名した。5年間で2...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。