消費財(CPG)販売、2019年に数量ベースで後退

調査会社IRIの集計によると、国内の消費財(CPG)販売は2019年に、数量ベースにて前年比で1.4%減少した。減少率は前年の0.7%から拡大した。消費離れの傾向が広がっていることをうかがわせた。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。