仏コルドメ石炭火力発電所、少なくとも2024年までは運転へ(政府発表)

仏バルゴン環境エネルギー閣外相は1月13日、コルドメ石炭火力発電所(ロワールアトランティック県)について、少なくとも2024年までは運転を続けると発表した。仏政府は2022年に石炭火力発電所を閉鎖する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。