仏EPRの新設、決定は2022年末以降に(環境エネルギー相)

ボルヌ仏環境エネルギー相は1月8日、仏国内におけるEPR(第3世代加圧水型炉)の新設について、「2022年末までに下されることはない」と述べた。下院の持続可能な開発委員会および経済問題委員会の公聴会に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。