下院、バーゼル3規制の緩和を求める決議を採択

下院は7日、国際決済銀行(BIS)の第3次銀行自己資本比率規制(バーゼル3)の緩和を政府に求める決議案を採択した。決議案は、財政委員会のブルト委員長(保守野党の共和党所属)が提出、与党のLREM及びM...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。