公共交通部門のスト33日目、RATP及び仏国鉄の収入減拡大

年金制度の改革に反対する公共交通部門でのストは1月6日に33日目を迎えた。パリ交通公団(RATP)ではスト1日で少なくとも収入300万ユーロが失われるとしており、これまでの収入減は1億ユーロに達すると...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。