ボージョレ・ヌーボーを有名にしたデュブッフ氏が死去

ボージョレ・ヌーボーの世界的知名度の獲得に貢献したジョルジュ・デュブッフ氏が1月4日、ボージョレ地方にある自宅で脳溢血のため死去した。86才だった。同氏は、ボージョレ地方のワイン醸造一族の出で、1964年にワイン卸売会社を創設した。有名シェフとの交流を通じて、ボージョレ・ヌーボーのプロモーション活動に取り組んだ。1980年代に、11月の第3木曜日のボージョレ・ヌーボー解禁というイベントを編み出した。2018年に息子のフランクに後を譲り、経営の第一線から退いていた。