米原子力発電所、廃炉業者に売却されるケース増える

12月27日付のレゼコー紙は、米国で、原子力発電所の事業者が、運転が終わる施設を売却し、原子炉解体に当たらせるという廃炉方法が広がっていると報じた。
米ホルテック社は今夏、オイスタークリーク原子力発...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。