年金改革への抗議行動の中、環境相の外国での休暇に批判

ボルヌ環境相がマラケッシュ(モロッコ)でクリスマス休暇を取ることが明らかにされ、これが批判を呼んでいる。フランスでは年金改革に対する抗議行動により交通部門の麻痺状態が続いており、首相府は閣僚に対してク...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。