トタルのバイオ燃料事業をめぐり新たな論争

仏石油大手トタルのラメード製油所(ブーシュデュローヌ県)におけるバイオ燃料生産事業をめぐって新たな論争が起きている。ラメードでのバイオ燃料生産は2018年に開始したが、フランスでは、2020年年頭から...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。