トタル、アンゴラでオフショア鉱床の権益取得

仏石油大手トタルは12月16日、アンゴラにおけるオフショア鉱床権益2件の取得を発表した。まず、クワンザ堆積盆地中心部の「ブロック20/11」では50%を取得する。これ以外では、アンゴラ国営石油会社のソ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。