アンナ・カリーナさんが死去、ヌーベルバーグを代表する女優

女優・歌手のアンナ・カリーナさんが14日に死去した。79才だった。
アンナ・カリーナさんはデンマーク出身で、本名はハンネ・カリン・バイエル。1957年にパリに出てモデルとなった。この時にココ・シャネルに認められ、アンナ・カリーナが芸名となった。その後、ヌーベルバーグの巨匠であるジャンリュック・ゴダール監督に見初められ、「小さな兵隊」(1960年)に初めて映画に出演した。ゴダール監督とは1964年に離婚したが、その独特の雰囲気と存在感でジャンポール・ベルモンドとのロードムービーを演じきった「気狂いピエロ」(1965年)は、ヌーベルバーグの不朽の傑作として名高い。ゴダール監督の作品には7本に出演。それ以外にも、ジャック・リベット、ジョージ・キューカー、ファスビンダーなど様々な監督の作品に出演した。歌手としては、やはり巨匠のセルジュ・ゲンズブールからの楽曲提供で特に知られる。