ドイツ連銀のワイトマン総裁、財政規律の緩和を示唆

ドイツ連銀のワイトマン総裁はこのほど、南ドイツ新聞(SZ)とのインタビューの中で、財政収支をわずかな黒字に維持するという、いわゆる「シュバルツェ・ヌル」の原則について、それを墨守する必要はないとの見解...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。