ECBのラガルド総裁、「フクロウ派」を標榜

欧州中央銀行(ECB)は12月12日の金融政策理事会で金融政策の維持を決定した。11月に就任したラガルド新総裁の下での初会合として注目されていたが、会合後の記者会見でラガルド総裁は「自分独自のスタイル...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。