アイスランド、重油燃料の使用を領海から排除

アイスランドは12月5日、領海における船舶が使用できる燃料油の硫黄分濃度上限を、現在の3.5%から0.1%に引き下げると発表した。来年初頭から適用される。大気汚染や氷河融解の原因となる重油燃料を実質的...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。