FCVに注力するプラスチック・オムニウム

仏自動車部品大手プラスチック・オムニウムは水素燃料自動車(FCV)向けの部品の開発に注力しており、5000万ユーロを投じてブリュッセル近郊に2019年6月に開設したデルタテック研究開発拠点では130人...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。