ギャラリー・ラファイエット、パリのボーグルネルに出店

仏大手百貨店グループのギャラリー・ラファイエットは11月12日、パリ15区にあるショッピングセンター「ボーグルネル」内に新店舗をオープンする。撤退したマークス&スペンサーの旧店舗を借りた。長期に渡る工事が予定されているモンパルナス・タワーのショッピングセンター内にある店舗を閉鎖し、若い世代や家族連れなどの来店が見込める新店舗に移転する。売り場面積は8000m2で、400ブランドの製品を販売する。投資額と売上高目標は発表されていない。
ギャラリー・ラファイエットは今年、パリのシャンゼリゼ大通りに新店舗をオープン。今年に入りイータリー(伊食材販売とレストラン)がマレ地区に開いた初号店も、ギャラリー・ラファイエットがフランチャイズで運営を受託している。