北海の石油・ガス生産施設、解体が課題に

11月7日付の仏レゼコー紙は、北海における炭化水素プラットフォーム解体の問題について特集した。北海には700基以上のプラットフォームと7000以上の坑井がある。資源の枯渇が進む中、その将来的な解体が大...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。