ドイツ連邦憲法裁、「ハルツIV」の減額処分を制限

ドイツ連邦憲法裁判所は11月5日、長期失業者向け給付制度に適用されている罰則規定を基本法に抵触するとの判断を下した。当座の措置として、罰則による減額率を最大で30%に制限した上で、政府に対して法令を改...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。