マリで「イスラム国」のテロ、フランス人兵士1名が死亡

マリで1日と2日の両日、相次いで「イスラム国」によるテロ事件が発生した。2日の事件では、軍事作戦「サーバル」の枠内で現地に駐留していたフランス人兵士が死亡した。
事件はいずれもマリ北東のメナカ地方で...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。