仏バンデル、問題行動管理の米国大手を買収へ

仏投資会社のバンデルは、米CPI(病院や学校での暴力行為などの問題行動管理に関する研修提供)を買収すると発表した。バンデルは、CPIの98%株式を取得する意向で、出資額は最大で5億9000万ドル(5億...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。