仏政府、EDFに対しEPR6基の建設を想定した仏原子力部門の能力評価作業を求める

報道によると、仏政府は仏電力大手EDFに対して9月12日付で書簡を送付し、新型EPR(第3世代加圧水型炉)である「EPR2」について、6基の建設を想定して仏原子力部門の能力評価作業を行うことを求めた。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。