ポーランド総選挙で右派与党が圧勝

ポーランドで10月13日、総選挙が実施され、右派与党「法と正義」(PiS)が単独で過半数を獲得した。同党はカトリック系保守主義、ナショナリズム、欧州懐疑主義などを標榜するポピュリスト政党で、4年前の前...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。