憲法評議会、パーム油由来のバイオ燃料の税制優遇措置除外は合憲

憲法評議会は11日、仏石油大手トタルの請求を受けて行った違憲審査で、パーム油由来のバイオ燃料を課税免除措置の対象から外す法令の規定を合憲と認めた。トタルはこの決定を受けて、ラメード製油所(ブーシュデュ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。