S&P、EDFの格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げ

格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は10月10日、EDF(仏電力)の格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げた。特に、EDFがフランスと英国で建設しているEPR(第3世代加圧水型炉)の建設費用の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。