ノートルダム寺院近くの爆弾テロ未遂事件裁判、検察側は厳しい求刑

パリのノートルダム寺院近くで発生した爆弾テロ未遂事件の公判で10月10日、論告求刑が行われた。実行犯グループの被告人らに、最高で30年の禁固刑が求刑された。判決は15日までに下される見通し。
この事...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。