プラスチック・オムニウム、営業利益率見通しを下方修正

仏自動車部品大手プラスチック・オムニウムは10月9日、米国の新工場に関するコストの増加を理由に2019年の営業利益率の見通しを下方修正した。これまでは2018年の営業利益率(8.4%)を少し下回ると予...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。