トゥールーズ空港、エファージュによる買収に道:最高行政裁判所の判決で

仏最高行政裁判所は10月9日、国がトゥールーズ空港の運営会社に保有する株式49.9%を中国コンソーシアムのCasilグループに売却した件について、手続き上の不備があったとしてこれを無効としたパリ高等行...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。