下水汚泥や有機廃液のガス化、2050年までに仏ガス消費量の3分の1を占める可能性(GRTガス研究)

フランスの天然ガス輸送網を運営するGRTガス(エンジー子会社)は10月3日、下水汚泥、メタン化の残滓、産業・農業由来の有機廃液といった物質のガス化に関する研究を発表した。仏国内でこうした物質のガス化に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。