フランスの乗用車新車登録台数、9月に16.6%増に

フランスの自動車工業会(CCFA)によると、同国の9月の乗用車新車登録台数は17万3444台に達し、前年同月比で16.6%の増加を記録した。営業日数調整後でも、11.0%の増加を達成した。1-9月では乗用車新車登録台数は164万1368台となり、前年同期比で1.3%減少した。
主要メーカーの9月の実績では、首位の仏PSAが8.4%増の5万7621台、2位の仏ルノーが21.8%増の4万5664台、3位の独フォルクスワーゲン(VW)が49.3%増の1万9505台となった。昨年の9月は、排ガス検査基準の変更の影響で販売が大きく落ち込んだメーカーが多かったため、ルノーやVWの大幅な増加は差し引いて考える必要がある。