オラノ、鉱山関連の研究所を設置へ

仏原子力大手オラノは、仏ベシーヌシュルガルタンプ(オートビエンヌ県)に新たな研究所CIME(掘削鉱物イノベーションセンター)を設置する。9月半ばに着工されており、2021年前半にも完成する予定。コスト...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。