セントリカ、家庭用貯湯タンクのVPPとしての使用を目指す

英エネルギー大手セントリカは、英スタートアップ企業のMixergyと提携し、家庭用の貯湯タンクを仮想発電所(VPP)として用いる計画を進めている。2025年までに1GWの確保を目指す。送電網を運営する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。