欧州中銀(ECB)のドイツ人理事が辞任、タカ派とハト派の争いが背景に

欧州中銀(ECB)のラウテンシュレーガー理事が9月25日に辞意を表明した。10月31日付で辞任する。理事は辞任の理由を明示していないが、欧州中銀内のタカ派とハト派の争いに関係しているのは間違いない。後...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。