量的緩和再開めぐり欧州中銀(ECB)内の対立深まる、仏中銀総裁も慎重論

フランス中銀のビルロワドガロー総裁は9月24日にパリで行ったスピーチの際に、欧州中銀(ECB)が先頃決めた量的緩和による資産買い入れの再開について、留保意見を表明した。現状において、資産の買い増しには...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。