シノン原子力発電所の保守問題に関する裁判、EDFの有罪が確定

仏シノン原子力発電所(アンドルエロワール県)の保守をめぐる問題で運転事業者のEDFおよび当時の所長が有罪判決を受けていた件で、仏最高裁は9月24日、下級審を支持する判決を下した。有罪判決が確定した。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。